こだわり

内容をプリント

庵原建設の強いこだわり

庵原建設は古きよき日本の木造住宅を守り続けます。

国土のほとんどが山に囲まれた日本では、日本人は木と共に歩み、木の住まいと共に歴史をはぐくんできました。桧等の材料を使い、日本の気候風土に合った住まい・・・・・・それが『木造住宅』です。庵原建設はこだわります。集成材や合板を多用した「木調住宅」ではなく、木本来のもつ魅力や能力を十二分に生かした真の『木造住宅』に。庵原建設はこれからもお客様の夢と日本の文化を守り続けます。

「本格派手造り檜五寸」とは

柱 5寸

全ての柱が一般住宅よりも年輪の詰まった国産檜で、通し柱は5寸(150mm)その他の柱も4寸(120mm)以上。

筋交い

筋交い

壁量を全国の耐震基準の1.5倍に設計すると共に、1階の筋交いは無垢材で5寸×1寸5分(150mm×45mm)とやはり最強クラス。集成材・合板に頼らず末永く地震から守ります。

ベタ基礎

基礎

地盤調査に基づいた基礎設計をします。基本は高耐久ベタ基礎で足元から家を支えます。また床下も清潔で白蟻を寄せ付けません。

伝統工法

構造

歴史が実証する伝統工法に加え、最新の構造金物が更に強度を高めます。

詳細はこちら

材料への強いこだわり

木の良さを身をもって知る庵原建設では無垢材にこだわった伝統の家づくりを継承。合板や集成材に頼らず、無垢材にこだわる理由は耐震・耐久性、そして健康への配慮。地震に強いだけでなく、美しく体に優しい「本物」の木の家を築きます。

頑丈へのこだわり

適所に良質の適材をふんだんに使用するからこそ、地震に強い家は生まれます。例えば柱は最低でも4寸(120mm)以上の年輪の詰まった国産檜を使用するなど、美しいだけでなく安心な家であることも庵原建設のゆるぎない信念のあかしです。

手づくりへのこだわり

木の魅力を最大限に生かすため、そしてお施主様のわがままに最大限にお応えするために骨組みだけでなく、建具にいたるまで手づくりです。お施主様の考えたデザインを形にすることもしばしば。建材の寄せ集めではない、世界にひとつだけの住まいを提供します。

コストパフォーマンスへのこだわり

「和風住宅や無垢材の家は高い」という考えをお持ちの方が多いようですが、庵原建設は独自のルートで質の高い材料を安く仕入れ、銘木の在庫も大量に確保しています。また、広告宣伝費等を必要最小限に抑えることで経費を節約し、お客様へ「質が高く、お求めやすい家」というかたちで還元しています。さらに建物本体価格以外に必要な費用(解体費等)も事前に資金計画を御提案させて頂きますので、追加料金で戸惑うこともありません。

健全経営へのこだわり

庵原建設のお客様は施主様からのご紹介や現場見学会による方がほとんどです。毎月数百万かかるといわれる住宅展示場には出展していません。また、従業員数も必要最小限の人数で会社を運営しています。それらは全て借金のない健全な会社経営の為です。住まいの建築も建てた後のアフターサービスも健全に会社が運営されてこそ、実現し続けられるものだと考えます。丈夫で長持ちする建物を建てるからこそ、庵原建設は健全な会社のあり方にもこだわります。

施工事例を見る

お問い合せフォームへ
ページトップへ