雑誌掲載物件 事例

内容をプリント

日本家屋の可能性を感じさせる家:M様邸

日本家屋の可能性を感じさせる家:M様邸

木肌の美しさを生かすセンス

伝統が息づく日本家屋であるとともに、現代的な美しさも併せ持つM邸は、
これからの日本の住まいの在り方を示唆している。

外観は緩やかに弧を描くむくり屋根をまとい、堂々としたたたずまいを見せる。シンプルで力強いフォルムは飽きのこないデザインだ。一方、内部は上質な無垢材を多用した木の世界。式台、上がりかまち、大黒柱、床に希少なケヤキを惜しげもなく使い、格天井に秋田杉、腰板にヒノキを用いている。木の息吹が感じられそうな豪華な空間だ。ところがよく見ると、デザイン自体はとても洗練されていることに気づく。木肌の美しさやぬくもりを引き立てるために行き過ぎた装飾を抑え、品格のある空間をつくり出している。まさに現代的な美しさだ。そのセンスはダイニングキッチンやリビングルームにも見られ、現代人の暮らしにフィットする生活空間を生み出している。


品格が漂う玄関ホール。丸型の下地窓の向こうに階段室があり、光井戸からの日差しが見える。


リビングルームの床材はサクラ、天井材はヒノキ。格子の引き戸も洋風空間にマッチしている。

広縁もリビングルームと同様の勾配天井を持つ。片側が畳敷きなので日向ぼっこに最適。

伝統美と現代の住まいを融合

バイク専用のビルトインガレージ、客間に設けた8人掛けの掘りごたつ、勾配天井のあるリビングルーム、ダイニングルームから続くウッドデッキなどを伝統的な和室や広縁と融合させ、正当な日本家屋においても洗練された空間をつくり出している。
階段室を大きくとり、2階の南窓から入る日差しを玄関ホールまで招き入れている設計も見事だ。これは旧来の日本家屋にあった「光井戸」という概念を現代風にアレンジした発想だ。

伝統美を大切にしながら、現代人のセンスにもしっくりと寄り添う庵原建設の住まい。そこには日本の住まいが目指すべき到達点が垣間見える。

紹介動画


お問い合せフォームへ
ページトップへ