施工事例

内容をプリント

構造

地震の多い静岡ならではの骨太構造

小細工に頼らず、良質の無垢材を丁寧に施工すること
それが地震に強い家をつくる近道。

地震に強い家が欲しい。誰もが思う大事なこだわりの一つです。
庵原建設は○○工法といった実績のない目先の工法に惑わされず、
良質な無垢材を実績のある伝統的な工法を追求することで
地震に強く長持ちする住まいを皆様に提供しています。
その工夫の数々をご説明させて頂きます。

基礎について

強固なベタ基礎が標準仕様

文字通り建物を支える元となる基礎ですが、庵原建設ではベタ基礎を標準採用しています。従来の布基礎と比べて線ではなく面で支える構造のため、地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことが可能です。また、地面をコンクリートで覆うのでシロアリを防いだり、地面からの湿気を防ぐ効果もあります。また、庵原建設の基礎はベースのピッチを150mmとし、網の目のように鉄筋を敷きつめています。さらに、基礎と柱をつなぐホールダウン金物がしっかりと支える為、仕上りの幅を幅広仕様とし、コンクリートのかぶりを十分に確保してお客様の住まいをしっかりと支えます。

土台について

白アリ対策も万全に

土台・大曳は地面に一番近い場所にくる材料になるので、耐久性・防虫性に優れている必要があります。当社では、土台・大曵とも耐久性・防虫性に優れた檜無垢材を使用し、更に防虫・防腐加工を施して耐久性を高めています。実験によると、杉材・集成材、檜材をそれぞれ野ざらしにして数年間放置してみたところ、集成材は数年でボロボロになってしまったのに対して檜材はほとんど損傷がありませんでした。また、束も金属製のものを使用し、足元から耐久性・防虫性を高めています。

柱について

極太国産ヒノキが骨組みの要

建物の重要構造部分の一つでもある柱、庵原建設では国産の檜無垢材を使用しています。その大きさは何と通し柱で五寸(約15cm)、それ以外の柱でさえ四寸(約12cm)と他社メーカーと比較してひとまわりもふたまわりも太い柱を使っています。まさに鉄骨ならぬ「木骨住宅」ともいえる骨太仕様です。また、使用する檜の柱は一般的な会社では樹齢30年程度のものを使いますが、庵原建設ではなるべく年輪の詰まったものを厳選して使用しています。同じ檜でも木目が詰まっていて美しいだけでなくその強度も頑固そのものです。
※当社では、集成材は使用していません。

檜について

丈夫で長持ち、
そして人に優しい万能素材

耐久性が強い檜は世界で最も優れた針葉樹と言われ、日本でも古くから建築用材として使われていました。世界最古の木造建築物として有名な法隆寺や多くの歴史的建造物は檜を建材として使ったことにより現存しているといっても過言ではありません。また、檜にはにおいがあります。そのにおいは人間にとっては心地よいにおいである為、檜風呂等に使用されリラックス効果を与えるだけでなく、虫が嫌うにおいでもありますので、防虫効果が期待できます。庵原建設は歴史が証明した材料を使うことで、地震に強いだけでなく人にも優しい住まいを提供しています。

筋交いについて

市販木造住宅では最大級

筋交いは木造軸組住宅において耐震性能を向上させるとても重要な補強材です。庵原建設の筋交いは粘り強い米松の無垢材を使用しますが、その大きさは何と150mm(1階部分)、市販されている木造住宅の中では最大級です。その骨太な筋交いを筋交い金物でがっちりと固定します。合板で壁を補強する方法もありますが、湿気が建物にたまりやすく、我が国の風土には不向きと思われます。「湿気に弱い合板に頼らず、良質な無垢材で丁寧に骨組みをつくる」それこそが末永く地震から住まいを守る近道と考えます。

梁・桁について

骨組みに費やす木材は
一般住宅の1.25〜1.5倍!

庵原建設では床や屋根を支える梁・桁は主に米松の無垢材を使用しています。米松の歴史は古く、明治時代から輸入され使用されていましたが、他の材料と比較して粘り気があり、横方向の力がかかる梁や桁には最適の材料です。庵原建設ではそんな無垢の梁や桁をふんだんに使用していますが、その高さ(せい)は高い部分で尺2寸(約36cm)にも及ぶこともあります。また、間取りによって屋根の骨組みに丸太状の太鼓梁を惜しげなく使い、しっかりと家を支えます。こうした柱や梁などの骨組みに費やす材料は一般住宅の何と1.25~1.5倍(プランによって異なります)の量を誇ります。これこそがまさに本格派の骨組みです。

耐震設計について

建築基準法を上回る1.5倍の壁量設計

一般に建築基準法で定められている基準は「震度6強から震度7の地震での倒壊・崩壊しない程度、震度5強の地震で損傷を生じない程度」を目安に定められています。庵原建設では家を設計する際には建築基準法を上回る1.5倍の壁量を確保しています(プランによって多少異なる場合があります)。加えて、偏心率チェックをして壁をバランスよく配置することで地震に対する備えを万全なものとしています。適切に設計・配置することで地震に対する備えを万全なものとしています。適切に設計・配置することで良質材を最大限に生かす。地震の多い静岡県だからこそ必須の設計と考えます。

お問い合せフォームへ
ページトップへ